Nordの歴史


1983年

Clavia DMI AB社は、スウェーデンのストックホルムで、Hans Nordeliusによって設立されました。Hans氏はキーボーディストとして、B3,Rhodesやmoogなどのヴィンテージ機器を担いでプロミュージシャンとして活動する傍ら、シンセサイザーの試作品を製作し、自分の所有する機材をコンパクトにできないかという夢を常に抱いていました。

同年、ストックホルム郊外の地下室で、Digital Percussion Plate 1を完成させました。この製品はHansのバンド仲間でドラマーのリクエストから、実現したことはあまり知られておりません。

今日の電子ドラムの先駆者となるこの製品により、ドラマーはこれまでにない素晴らしいフィールとダイナミクスを持つサンプリング・サウンドを表現することができるようになりました。サンプリング・サウンドは、8ビットのフォーマットで、取り外し可能なEP ROMカートリッジに収録し画期的な製品として話題になりました。



1984年

ddrumを発表。リアルなドラムヘッドとリムを備えた全く新しいドラム・パッドを搭載。当時主流だったプラスティックやラバー素材のパッドと比べ、演奏性が飛躍的に進化しました。


1995年

Clavia社初のシンセサイザーNord Leadを発売。世界初のヴァーチャル・アナログ・エミュレート・シンセシスを搭載。
アナログシンセを徹底的にシュミレートし、直感的な操作に反応するユーザーインターフェイスにより大成功を収めました。Claviaが導入したヴァーチャル・アナログ・モデリング理論は、その後シンセサイザー業界のスタンダードとなりました。

 

 



1996年

ソフト・エンジニアリング部門のリーダー Mugnus Kjellanderが参加。翌年初のデジタル・モジュラー・シンセサイザー Modularを発表。コンピューター画面上のモジュールをドラッグして、「バーチャル・パッチコード」を接続することにより、ユーザーは自由自在に音作りができる革新的なシンセサイザーでした。


2001年

Electroを発表。ビンテージ・エレクトリック・キーボードをコンパクトなボディに集約しました。Electroは、エレクトリック・サウンドに特化しました。ブラス・サウンドやオーケストラのバンクは存在しません。

同年Nord Lead 3を発表。各種のシンセサイザーのアワードを受賞しました。LEDロータリー・ダイヤル、直感的な操作レイアウト、そしてそのサウンドは、ステージからレコーディング・スタジオまで、多くのミュージシャンから広く支持されています。

 



2005年

Stageを発表。アコースティック/エレクトリック・ピアノのサウンドに加え、オルガンのエミュレート、シンセサイザー機能、膨大なエフェクトを搭載し、マスター・キーボード機能が装備されたフラッグシップモデルです。この年、ddrumの商標を売却し、キーボードをコア事業とする戦略に経営方針を固めました。

2007年

デュアル・マニュアル鍵盤を装備したC1コンボ・オルガンを発売。Electroで培われたトーンホイールをさらに進化させ、3種類のビンテージ・オルガン・サウンドを内蔵しました。しかも重量はわずか15kg。サウンドだけではなく、そのタッチやレスポンスも再現し、特徴的なオーバードライブ・サウンド、多数のアウトボードのエフェクト、複数のアンプそしてロータリー・スピーカーが内蔵されています。

同年、Nord Leadシンセサイザーのコンセプトを次世代のレベルに推し進めたNord Waveを発表。オーディオ・ファイルをオシレーターの素材として使用が可能。またデジタル・サンプル・プレーヤーとしても使用できます。コンパクトながら高品位なサウンドと直感的な操作を実現しました。

 



2008年

2008年11月 Stage EXシリーズを発表。
256MBのピアノメモリー、パネルデザインもリフレッシュしました。
12月 Electro3発表

 



2009年

C2コンボ・オルガンを発表新たに、バロック・パイプ・オルガン・モデルを追加。


Copyright © Yamaha Music Japan Co.,Ltd. All rights reserved.
 
プライバシー・ポリシー