アーティスト

ちゃんMARI

ちゃんMARIさんと、Nord Electroとの出会いは
いつ頃だったのでしょうか?

バンドでのキーボードを弾き始めて、19〜20才の頃に自分で購入したのが、Nord Electro 2でした。当時は、オルガン、エレピのサウンドを中心に、ルックスや鍵盤の弾き心地など比較して、もうコレしかないといった感じでNordを選びました。それからは、ずっとNordを愛用しているのですが、ちょうど“ゲスの極み乙女。”の初レコーディングの頃に、もっとピアノもいい音でで鳴らしたいなと思って、Nord Electro 3 HPに買い替えました。ライブで鍵盤などが壊れたりしつつも、修理しながら現在でもNord Electro 3 HPには活躍してもらってますね。最新のNord Electro 5HPに至るまで、HP(ウェイテッド・ハンマー・アクション・ポータブル)シリーズのキーボードは、エレピを弾くにもオルガンを弾くにも軽過ぎず重過ぎず、まさに私にとってベストな鍵盤です!



Nord Electroのお気に入りサウンドや、
その魅力ついて教えてください。

Nord Electroでは、バンドのキーボードとして欠かせないピアノ、エレピ、オルガンなどのベーシックなサウンドがとても気に入っています。それから、シンセパッドやピチカート、フルート(メロトロン)などもよく使っています。Nord Electro 3 HPからは、アコースティックピアノがとてもリアルになって、1台で基本的なキーボードサウンドがすべてまかなえるようになりました。新モデルがリリースされるたびにサウンドの密度がアップしているのを感じますし、何よりバンドサウンドの中で、Nordのサウンドは馴染みがよく非常に実用的なんです。それから、Nordの魅力といえば、そのサウンドや鍵盤のみならず、やはりそのルックスかな。真っ赤なボディーカラーはステージでも映えますし、サイドウッドの木目もすっごくカワイイ!ゲスの極み乙女。のメンバーの楽器や機材はなぜか赤が多いんですよね(笑)。あっ、それからボディーの重量が意外に軽くて女性でも簡単に持ち運べるのも、実は大きな魅力だと思います。コレ、女性のキーボーディストにとって、本当に大事なポイントです!



ちゃんMARIさんがお勧めのNord Electroの活用方法などあれば、
ぜひアドバイスをいただけますか。

Nord Electroとコンパクトエフェクターの組み合わせを多用しています。バンドを始めたころに川谷君からのアドバイスもあって使い始めたのですが、特にディストーション、ディレイ、ブースターは、個人的にも欠かせないです。最初に使ったディストーションは、たぶんRATだったはず。ゲスの極み乙女。の"ドレスを脱げ"や、“crying march”などでも聞くことができる、エレピやオルガンにディストーションをかけた歪みサウンドは、ギターをはじめとした他パートに負けないキーボードサウンドを作る際にとても重宝しています。反面、Nordならクリーンなピアノ音色でも、シッカリとオーディエンスに届けたい中帯域が前に出てくれるので、ヘタな小細工が必要なかったりもしますね(笑)。

Nordシリーズは、特にライブでプレイするすべてキーボーディストに寄り添ってくれる希少なキーボードだと感じています。私自身も、そんなNordに質の高いライブパフォーマンスで、これからも応えて続けていきたいです。


プロフィール

ゲスの極み乙女。にてキーボードを担当。
ライブでの定番曲「キラーボール」でも、間奏にショパンの「幻想即興曲」が挟まれているように、クラシックとジャズの双方を体得した高い演奏技術を誇るキーボーディスト。

ゲスの極み乙女。ワンマンツアー「ゲスなのか、タコなのか」開催中
チケット詳細はこちら



Copyright © Yamaha Music Japan Co.,Ltd. All rights reserved.
 
プライバシー・ポリシー